NEWS
| NEWS INDEXへ戻る |

 

Jリーグたらみオールスターサッカー
チェアマン・監督・最高得票選手コメント

 8月26日(土)に宮城スタジアムで開催される「2000Jリーグたらみオールスターサッカー」の出場選手が決定。川淵三郎チェアマン、両チームの監督、最高得票選手のコメントを紹介。

○川淵三郎チェアマン
「Jリーグとして8回目の「Jリーグたらみオールスターサッカー」は、初めての東北での開催となります。W杯と同じ夜間のキックオフですが、「ちょっと遠いので、ちゃんとシャトルで」をキャッチコピーに、たくさんのシャトルバス便を用意して皆さんをスタジアムへ運ぶ計画をしています。
 今回は若い選手が多く得票し、その中にベテラン選手も混じった顔ぶれになっているので、オリンピックにもアジアカップにも繋がる試合を期待してください。」

○J-EAST 西野朗監督(柏レイソル)
「3年連続で選んでいただき、多くの得票に感謝しています。ファンの皆さんの期待している選手のパフォーマンスを引き出せるよう精一杯ファイトさせ、すばらしい試合にしたいと思います。 J-WEST早野監督とは同期で、ライバルでもあります。私の指揮した過去2回は連敗しているし、J-EASTも3連敗なので、今年でこの記録をストップさせたい。」

○J-WEST 早野宏史監督(ガンバ大阪)
「選ばれたことに驚いています。宮城はサッカー熱の高いところであり、試合を楽しみにしています。J-WESTが3連勝中なのはプレッシャーでもありますが、最高得票選手の宮本が守備を締めてくれるでしょう。攻撃陣が多彩 なので頭を痛めそうだが、ファンの方の望むサッカーをお見せしたいと思っています。」

○J-EAST 最高得票選手 中村俊輔(横浜F・マリノス)
「ファンの方からの投票で選ばれて、光栄に思います。昨年は2点とれたので、今年はそれ以上のプレーを見せたい。すばらしい選手がたくさんいるので、一緒にいい試合をしたいと思います。」

○J-WEST 最高得票選手 宮本恒靖(ガンバ大阪)
「最高得票ということで、驚いています。感謝の気持ちはプレーでお返ししたい。昨年は中村選手の2点で試合がもつれたが、今年は0点に抑えたい。DFからのMVPは今までいなかったので、今年は出るのではないかと期待しています。」