NEWS
| NEWS INDEXへ戻る |

 

ヴェルディ川崎 新チーム呼称・エンブレム決定について

 15日、ヴェルディ川崎は2001年の東京移転に伴う、新チーム呼称とエンブレムを発表。
 新チーム呼称は「東京ヴェルディ1969」で、ホームタウンが川崎市から東京都に移転することにより、活動区域を示す「川崎」を「東京」に変更。Jリーグ加盟以来、親しまれてきた愛称「ヴェルディ」は継承される。クラブの創設に際し「東京・多摩丘陵の練習場を基盤に、サッカーの普及に務めるとともに、将来はプロサッカーチームとして、日本サッカー界の発展に寄与する」を目標に掲げたが、これはJリーグの理念とも一致しており、この精神をクラブが持ち続ける証として、創立時の年号「1969」をチーム呼称に取り入れた。
 新エンブレムは、クラブ・エンブレムとチームフラッグに新しい呼称を取り入れるとともに、従来の丸形デザインを廃止し、Jリーグ加盟までの日本リーグ時代に使用していた「V字型」に復帰させた。