y
NEWS
| NEWS INDEXへ戻る |

 

ローマ法王が親善試合を観戦

ミラノ(2000年10月29日)

 ローマ法王ジョン・パウロ2世が29日、ローマのオリンピックスタジアムで行われたイタリア代表とセリエA外国人選抜のゲームを観戦した。
結果は0−0の引き分けに終わったものの、イタリアスポーツ選手の記念祭となるこの日、法王は当初の45分だけのスケジュールを変更して、1試合通 して観戦した。

 法王自身、若い頃はアマチュアでゴールキーパーとしてプレーし、現在も熱心なサッカーファンだが、スタジアムに観戦に訪れたのは78年の法王選出以降初めてのこととなる。試合前に法王は、8万の観衆を前にミサを行った。

 この日の「スポーツ選手の記念祭」はローマ法王庁が取り仕切るキリスト生誕2000年祭の一環で、リーグ戦は11月1日に延期となっている。

------------------------------------------------------------------------
●イタリア代表 vs セリエA外国人選抜

10月29日
0 イタリア代表
0 セリエA外国人選抜

Article contributed by internetsoccer.com


internet soccer