NEWS
| NEWS INDEXへ戻る |

 

エスナイデルが古巣サラゴサに復帰

 イタリア・ユベントスのアルゼンチン人FWフアン・エスナイデルが、古巣であるスペインのサラゴサに復帰することになった。
 エスナイデルは93−95の2シーズンにわたって在籍したサラゴサで、欧州での評価を高めた。当時、「僕のサッカーキャリアの中で、ここサラゴサでの日々が一番幸せだ」と語っている。  今回の移籍は今季終了時までの期限付きだが、サラゴサが希望すれば、期限終了時に完全移籍のオプションもついている。

 エスナイデルの古巣復帰は、サラゴサファンに高い期待をもって迎えられるだろう。サラゴサ時代の彼は、クラブの人気者だったからだ。それだけにサラゴサに別れを告げ、ライバルのR・マドリードに移った時は、ラ・ロマレーダ・スタジアム(サラゴサの本拠地)ではかつてのファンから、きついブーイングを受けた。
 エスナイデルはクラブ合流後の初練習の後、「たくさんのゴールを決められると思う。サラゴサはスペインのクラブの中でも強豪の一つだ」と語った。

Article contributed by internetsoccer.com


internet soccer