NEWS
| NEWS INDEXへ戻る |

 

レバークーゼンが南米のDF2選手を獲得

 レバークーゼンは、弱体化したDF陣を強化するため、南米から2人のDFを3200万マルク(1450万ドル)で獲得した。
 レバークーゼンのマネージャーであるレイナー・カルムンドは、ブラジルのインテルナシオナル・ポルト・アレグレから22歳のルシマール・ダ・シルバ・フェレイラ(ルシオ)、アルゼンチンのリーベルプレートからはディエゴ・プラセンテを獲得したことを明らかにした。両選手は冬期中断期間にチームに合流する。

 南米のメディアは、ルシオに1750万マルク、プラセンテには1450万マルクの移籍金が支払われると報道しているが、カルムンドはビジネスマネージャーのヴォルガング・ホルツハイザーに対して、両選手とも移籍の合意に至ったが、正確な移籍金額についてはこれから話し合うと語ったという。
 スペインのビッグクラブ・バルセロナも両DFの獲得に動いており、レバークーゼンのライバルのバイエルンはルシオに興味を示していたらしい。

Article contributed by internetsoccer.com


internet soccer