Futsal News Soccer News

残るはレアル・マドリードとバルセロナのみに... / 欧州スーパーリーグ

[2021/04/22 Thu]

 20日と21日、欧州スーパーリーグに参加を表明していた多くのクラブが参加見合わせの発表を行い、参加予定クラブがレアル・マドリードとバルセロナの2クラブとなった。

 18日(日)に創設が発表されたばかりの欧州スーパーリーグだが、国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)をはじめ、各国連盟などが即座に猛反発の姿勢を示し、FIFAワールドカップやUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)など既存大会へのクラブおよび所属選手の出場を禁止する強硬措置も示唆された。そのため、いち早くプレミアリーグ勢(マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、リヴァプール、チェルシー、トッテナム、アーセナル)が撤退を表明すると、ラ・リーガに所属するアトレティコ・マドリード、セリエAに所属するインテル、ミランが続いた。

 この結果、欧州スーパーリーグは、創設発表からわずか72時間ほどで参加予定がレアル・マドリードとバルセロナの2クラブになる窮地に追い込まれた。

 一覧に戻る


INFO.