Futsal News Soccer News

U-24日本代表がガーナに6ゴール快勝!

[2021/06/07 Mon]

 5日、東京五輪に向けてチーム強化を進めるU-24日本代表は、U-24ガーナ代表との国際親善試合を行った。

 試合の主導権を握った日本は、16分、MF堂安律からのスルーパスに抜け出したMF久保建英がペナルティーエリア右から少し中に切り込み、左足シュートを放つ。DF股下を抜けたシュートだったが、GK正面で阻まれてしまう。ところが、GKのはじいたボールが堂安の下に飛ぶと、迷わず左足を振り抜き、ボレーシュートでゴールネットを揺らした。その後も攻撃の手を緩めず、アグレッシブに動き回る日本は、32分に久保が、45分にオウンゴールで得点を重ね、3-0で前半を終えた。

 後半も一切妥協せず、攻め立てる日本は、48分、最終ラインのキャプテンDF吉田麻也から中央の久保にパスが通ると、それに連動した動きでDFの間を取ったMF相馬勇紀を久保は見逃さず絶妙のタイミングでスルーパスを送る。相馬はGKとの一対一を落ち着いて決めて4点目をマークした。さらに56分、右サイドのスローインから左サイドに展開すると、オーバーラップしたDF中山雄太からのクロスボールをゴール正面でFW上田綺世がたたきつけるお手本のようなヘディングシュートでゴール右に決めた。そして試合終了間際の89分、細かいパス交換でボールを前に進めると、最後は途中出場のMF三笘薫がワントラップでペナルティーエリア内に持ち込むとステップワークでDFを内側にかわして右足シュート。右サイドネットに6点目を決めて、6-0で試合終了。

 快勝を収めたU-24日本代表は、12日(土)に豊田スタジアム(愛知県)で国際親善試合としてジャマイカ代表と対戦する。

----------
【スコア】
U-24日本代表 6-0 U-24ガーナ代表
【得点者】
1-0 16分 堂安律(日本)
2-0 32分 久保建英(日本)
3-0 45分 オウンゴール(日本)
4-0 48分 相馬勇紀(日本)
5-0 56分 上田綺世(日本)
6-0 89分 三笘薫(日本)

 一覧に戻る


INFO.