Futsal News Soccer News

ノイアーがGKではドイツ史上初の代表通算100試合出場!

[2021/06/09 Wed]

 7日、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが代表通算100試合出場を飾った。

 同日、ドイツ代表はラトビア代表との国際親善試合を行い、7-1で快勝を収めており、現在35歳で、バイエルン(ブンデスリーガ/ドイツ)に所属するGKノイアーはこの試合に出場した。

 同氏は、シャルケ(ブンデスリーガ/ドイツ)でプロデビューを果たすと、2011-12シーズンにバイエルンへ移籍。ワールドクラスのプレーを維持し続けて、チームと代表のゴールマウスを守っている。ドイツ代表は2009年にデビューを果たすと、2010年W杯(南アフリカ大会)のほとんどの試合に出場して、ドイツ代表の3位入賞に大きく貢献した。

 なお、ドイツ代表通算100試合出場を達成したのは、MFトーマス・ミュラー、MFトニ・クロースに続き13人目で、中でもGKでの達成は史上初となった。GKでノイアーに次ぐ出場数は、95試合でゼップ・マイヤー氏、続いて86試合でオリヴァー・カーン氏となっている。

 一覧に戻る


INFO.