Futsal News Soccer News

日本女子代表がウクライナに8ゴール完勝! / JFA

[2021/06/11 Fri]

 10日、日本女子代表(なでしこジャパン)は、エディオンスタジアム広島(広島県)で国際親善試合を行い、ウクライナ女子代表と対戦した。

 立ち上がりは、ボールポゼッションを高めたウクライナが右サイドからの攻撃を中心に主導権を握った。ところが5分、先にゴールネットを揺らしたのは日本だった。FW岩渕真奈が前線から積極的にプレスをかけると、左サイドの高い位置でボールを奪う。するとそのままペナルティーエリアへ持ち込み、ゴール前に折り返しを送る。ゴール正面で待つFW菅澤優衣香がスルーすると、その後ろにMF塩越柚歩が走り込んでおり、痛烈なシュートをゴール右上に突き刺した。塩越はこれが代表初ゴールとなった。その後はアグレッシブに動き回る日本が優位に立って試合を進める。そして30分、右サイドのMF中島依美からのクロスボールにゴール正面へ走り込んだ岩渕が難しい体勢ながら技術の高さを魅せる右足ダイレクトボレーでゴール中央上に蹴りこみリードを広げた。勢いの止まらない日本は38分、右CKからDF宝田沙織が2点目の岩渕と同じような華麗な右足ダイレクトボレーを魅せる。シュートはGKの手を弾き飛ばし、見事ゴール中央上に決まった。塩越に続き、宝田も代表初ゴールを記録した。さらに前半終了間際の41分、岩渕のシュートのこぼれ球を塩越が拾うと、落ち着いてコントロールしてゴールに流し込み、日本は前半だけで4点をリードしてハーフタイムを迎えた。

 後半も先にネットを揺らしたのは日本だった。58分、左サイドからのクロスボールが相手DFに触れてファーサイドに流れるも、そこに塩越が走り込み、胸トラップからシュートしやすい低い弾道のボールを中央に折り返すと、ゴール正面で待つ岩渕が右足ダイレクトでゴール右下にねじ込んだ。大量リードを手にした日本は、菅澤と塩越に代えてFW籾木結花とFW田中美南を、MF長谷川唯とMF三浦成美に代えてMF杉田妃和とMF林穂之香、岩渕に代えてFW遠藤純を送り込む。すると80分、杉田がきっちりと結果で応えた。左CKからゴール前の混戦になると、そのこぼれ球が杉田の下へ。これを浮かさないようにボールの芯を捉えてしっかりと抑えた左足ダイレクトボレーでゴールネットに突き刺した。攻撃の手を緩めない日本は89分にPKを獲得。田中が冷静にGKの動きを読んで逆を突き、ゴール左へ蹴り込んだ。さらに試合終了間際の90分、左サイドからドリブル突破した遠藤がグラウンダークロスを送ると、DFの間を抜けてファーサイドまで流れる。これを籾木が左足ダイレクトでニアを撃ち抜き、8点目を奪って試合終了を迎えた。

 ウクライナを8-0で下した日本は、13日(日)にカンセキスタジアムとちぎ(栃木県)で行われるMS&ADカップ2021でメキシコ女子代表と対戦する。

----------
【スコア】
日本女子代表(なでしこジャパン) 8-0 ウクライナ女子代表
【得点者】
1-0 5分 塩越柚歩(日本)
2-0 30分 岩渕真奈(日本)
3-0 38分 宝田沙織(日本)
4-0 41分 塩越柚歩(日本)
5-0 58分 岩渕真奈(日本)
6-0 80分 杉田妃和(日本)
7-0 89分 田中美南(PK/日本)
8-0 90分 籾木結花(日本)

 一覧に戻る


INFO.